So-net無料ブログ作成

箱根の寄せ木細工 [・何かの紹介・感想]

箱根話の続きでございます。

完全に野次馬だけだと、自分でも若干呆れそうですが、もう一つの大きな目的がこれでした。

箱根の伝統工芸、寄せ木細工です。
小引き出しが欲しいと、前々から思っていたのです。

畑宿の取扱店で、出会いました。畑の茶屋という店です。
アップ。


店の職人さんのオリジナル作品とのこと。

この模様を作り出す職人技をモノにするには、10年かかる、と売り子のおばあちゃんが話してくれました。
作り方の工程も見学したので、覚え書きがてら書きます。

・断面が正確に四角やひし形や半円をした木の棒を、必要数こしらえます。
・ニカワで貼り合わせて、模様1単位分の細長いブロックを作ります。アイスボックスクッキーみたいです。
・この棒を、適当な長さに切って、寄せ合わせてニカワで接着し、繰り返し模様の大きな種木を作ります。
・作品によっては、異なる模様を貼り合わせたりして、種木を完成させます。
・種木の断面の模様を薄く削り出し、アイロンを掛けたりして整えて、引き出しや小物の表面に貼って使います。

このような工程の随所で、大小様々のカンナを使うそうで、そのカンナ使いが一番難しいのだそうです。

最近は、質の良い接着剤ができたので、種木を固まりのまま使って、作品として仕上げることも出来るようになった、とおっしゃっていました。
薄く削る方が、接着剤の質が問われるような気がしてましたが、逆のようです。
固まりで作られた作品は、「無垢」の寄せ木細工といって売られています。
お盆とか、コップとか、アクセサリーとか、色々あるようです。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。