So-net無料ブログ作成

シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル [・うちの台所(ごはん系)]

昨年11月の・シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?の続きです。


★新ブログで見る → シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル|青空庭園


以前と同じくらいの大きさだと思うんですが、また4尾、手に入れてきました。

頭を落とした状態で、尻尾まで含めて17~18cmくらいの、きっと普通の大きさのイワシです。

【さあ煮ましょう】
煮汁の材料を全て鍋に入れます。前回と比べて微調整しています。
・醤油と酒 大さじ2.5ずつ
・砂糖 大さじ1.5
・みりん 大さじ1
・水 500ml
・ショウガ 薄切り3枚(適当)

08:30点火。
煮汁を沸かしながらイワシを水洗いして、沸いたらイワシを入れます。

シャトルシェフでは、保温鍋に入れている間、汁に漬かっていない部分は火が通りません。
なので、ここでイワシが水面から出るようなら、水と調味料をを足しておきます。

再び沸いたら弱火に落として、10分ほど煮ます。

08:50、保温鍋へ入れました。


【時々火を入れます】
夕飯までに、つごう4回、それぞれ5分程度、再沸騰させました。
10:30
12:00
15:00
17:30


食事の支度とオヤツのタイミングで、外鍋から出しては火を入れます。
水分量が、鍋の半分以下と少ないので、火を入れないと早めに冷めていきます。

【さあどうだ!?】
19時すぎ、夕飯のために取り出しました。
味見の時間です。


小骨は、うん、やっぱりあります。
ですが、前回よりも主張が控えめで、噛み砕いてもすごく疲れる感じはしません。

背骨から、小骨ごとホロリと外れます。
それでも一部の小骨は、背骨にくっついて残りますが、前回はもっとしぶとかったと思います。


半身を食べて、尻尾をつまんで背骨をはがそうとしたら、途中でぽろっと折れました。
これも前回はなかったと思います。


全体的に、骨が明らかに柔らかくなった、と感じました。

【結論、シャトルシェフでもイワシの骨は柔らかくなる。ただし時間がかかる】
約11時間煮込んだ形ですが、これでようやく、実用レベルに小骨が柔らかくなった、と思いました。
ちなみにガスの使用時間は、合計35~40分程度で、圧力鍋の時と大差はありませんでした。

「噛み砕かなきゃ」感がなくなるためには、翌日もちまちま火を入れて、正味24時間は煮込む必要がありそうです。
そこまでするかね、という話に、段々なってきます。

もっとたくさん作って、汁の量がたっぷりしていれば、保温の温度がもつので、火を入れる回数を減らすことはできそうです。


以上、
圧力鍋の代わりにシャトルシェフでも、骨ごと(背骨除く)食べられるイワシを作れます!
ということで、何かの参考になれば幸いです。

~~~~~~
関連記事:イワシの骨を柔らかくしようシリーズ

★圧力鍋編
2014年3月15日 イワシ
2014年3月23日 イワシ二回目
2014年4月6日 イワシ三回目(結論)

★シャトルシェフ編
2016年11月3日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?
2017年2月22日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル(この記事)
~~~~~~


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

Facebook コメント

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。