So-net無料ブログ作成

くぐみ!(こごみのことです)~ゆで方およびマヨ醤油が合う話 [・山菜関係]

こごみと言う方が通じると思いますが、実家の辺りではくぐみと呼んでいます。毎年GW前後がシーズンです。
~~~~~~~~
★お知らせ★新ブログ(青空庭園)で、くぐみについてまとめ直しました。
・くぐみ(こごみ)の世話~下処理、洗う、ゆでる、冷凍保存
・くぐみ(こごみ)の食べ方まとめ~鉄板のマヨ醤油から、謎の炊き込み飯まで
~~~~~~~~


今年も山で採れたと言って、母が送ってくれました。荷造りは母でも、採ったのは祖母だったり父だったりもします。念のため。

洗ってしまうと傷みが早くなるので、山で採れた状態のまま送ってきます。
なので、まずは洗います。他の草の切れっ端や、細かいクズ(何と言うのか分からない…くぐみの頭にひっついてる茶色い奴)を落とします。結構出てくるんだ。


まあまあピカピカに。今年のくぐみは緑色が濃い気がします。


適当に味見して固さを見ながら、茹で上がりました。

ちなみに、お湯に塩は入れません。そして、ザルに上げたらそのまま冷まします。水洗いすると硬くなってしまうらしいです。試したことはないですが。
このポイントさえ守れば、あく抜きやらコツやらはいらないので、くぐみはラクな山菜だと思います。

マヨネーズに醤油が美味しいのですが、マヨを切らしていたので醤油だけ。温かいうちが、また美味しいのです。贅沢な食べ方です。



★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

魅惑のニッポン木版画 [・着物]

という企画展を、横浜美術館でやっているのを知って、26日に主人と見に行ってきました。(スマホの調子が悪くてアップが遅れております)

江戸の浮世絵から、千代紙や一筆せんなどの小物類、現代アートまで、版画でここまで表現できるんだ! と面白かったです。浮世絵の繊細な表現は知っているつもりですが、あらためて見るとやっぱりすごい。多色刷りの技術もすごい。


この日の着物。無地紬なんてカッコイイものを、乗せられて作ってしまったので、とりあえず着てみました。淡い黄緑です。帯は薄紫。


ヤフオクで手に入れたうさぎの帯留め。気に入ってます。



★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

通販でお買い物×2 [・着物]

着物を着ているとロクに家事ができない、という状態を何とかしたくて、ようやく手に入れました、割烹着。


今日はこの格好で、夕飯作ってました。袖を気にしなくていいし、水ハネも気にしなくていいし、快適です。

割烹着の下はこんな着物。


練習がてら、名古屋帯でお太鼓。
色々な加減が分かってきたら、携帯を帯に差し込めるようになりました。初めの頃は、上側が締まって下側は緩く、と理想と逆を行っていたので、物を挟む隙間がなかった。


この状態で着信が鳴ると、必ず気付きます。ズボンのポッケに入れていて気付かないよりも、良い持ち歩き方だと思います。

襦袢も、気楽に洗えるものがほしくて、二部式のうそつき襦袢を新調しました。身頃がサラシ、袖と裾がポリエステル。
これも初めて着てみましたが、肌着が省略できる分、着るスピードが確かに速いです。二部式であるメリットや不便はあまり感じません。
安いプレタですが、母の着物とはサイズぴったりなのでラッキーです。付属の半襟が、テカテカしていかにも化繊な感じなので、これだけ後で付け替えようと思います。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

洗濯機の [・うちのうさぎ]

脱水が回っている音にビビって、目と耳がピンピンです。


脱水が終わったところで撫でたら、ちょっと潰れました。



★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

ケーキを作った [・うちの台所(おやつ系)]

一応誕生日ケーキです。結局、たまに作るいつものアレ、ですが。

昨日焼いたスポンジをスライス。


チョコクリーム泡立て中。


仕上げにココアパウダー。


クリームにはブランデーを入れてみましたが、量が適当すぎたからか、あまり気配が感じられませんでした。ちゃんちゃん。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

イワシ三回目(結論) [・うちの台所(ごはん系)]

今回もワタ抜き5匹です。
味は、大さじで【醤油2、酒2、みりん1、砂糖控えめに1】、これでいい感じの薄味になると掴めました。イワシがかぶる程度の水と、ショウガスライスを加えて、煮立ったらイワシを入れて、
圧力は10分増やして、高圧35分。


もうね、理科の実験かと。
産地は違うけど、大きさはたぶん同じくらいのイワシです。



結果、
背骨が気にせず食べられるレベルまで柔らかくなりました! わーいわーい。
背骨を食べる、という目的達成しました。

ただ、背骨以外の小骨は、圧力20分でも十分柔らかかったんですよね。家族七人分大量に煮る、とかならやる甲斐もありますが、旦那と二人分の少量に、どこまで時間とガスを使うか? が考えどころです。
背骨を外せば済む、ってだけでも、イワシにしては上出来だと思うのです。

今後はちょっとバランス取ろう、と思いました。

~~~~~~
関連記事:イワシの骨を柔らかくしようシリーズ

★圧力鍋編
2014年3月15日 イワシ
2014年3月23日 イワシ二回目
2014年4月6日 イワシ三回目(結論)(この記事)

★シャトルシェフ編
2016年11月3日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?
2017年2月22日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル
~~~~~~


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。