So-net無料ブログ作成

革財布の話 [・考え事]

財布を新調したい、と、昨年くらいから思っていました。

9年目に入るかもう少しか、というメインの財布と、
旅行やパーティーバッグ用の、ちょっと安物の小銭入れ、
そして約8年付き合っている真っ赤なパスケース。

それぞれ使用に耐えてはいますが、縁がすり切れてきたし、カード類が年々増えてもいて、
この先家族が増えることも想定すると、買い替えの時期は来ている気がしていました。
仕事の行き帰りでの多少の買い物は、交通ICカードと小銭があれば用が足りるので、メインの財布を出さなくてすむようにできれば、その方がスマートで現状に合っている…とも思っていました。

で、パスケース付きの小銭入れ+長財布、に統合することにしました。
親財布と子財布です。
化粧品通販のアテニアさんが大好きでして、今年は私の趣味に合うデザインの財布を出してきたので、これしかない!と思って注文した所です。

合皮が一定の期間でボロボロになってくるのに対して、本革は非常に長持ちする、というのがだんだん分かってきまして、頭の中が「革ってイイ!」の状態です。
というか、大人になって時間が経つのが速く感じるようになると、安い素材がくたびれるサイクルの短さに、感覚がついて行きません。
言い過ぎか。

年相応の良い物をもつ、長く大切に使う、というのは、ころころ変えるとついていけないって側面もあるのじゃないだろうか、と身もフタもないことを考えています。
安い素材も使いどころなので、全否定するわけではありませんけどね。
台所のスポンジとか、モッタイナイオバケと衛生面のバランス取れますし。

さて、新しい財布は、10年愛せると謳い文句が書かれていますが、マジで10年使うと思います。
マジです。
完全受注生産で、発送は11月とのことなので、いまから楽しみです。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

豆乳的な [・よそさまの作ってくれた美味しいもの]

このシリーズの豆乳飲料がマイブームで、オヤツ代わりにちまちま飲んでいます。
マウントレーニアなどのコーヒーが濃厚なのは苦手だし、甘いだけのジュースは養分が足りない気がするしで、豆乳は色々と適切に思えるのです。常温で持ち歩けますし。

最近、スーパーに新しい味のが大量に並んでいて、ビビってます。

私の中では、
バナナ味が不動の一位。まったりした甘みと、豆乳本来の味・香りが、うまくハマっていて美味しいです。
次点が、紅茶と麦芽コーヒー。ミルクとは違うコクがあり、これまたマッチしています。
意外と合わないと思ったのが、ココア。なんでだろう。ちょっと粉っぽかった気はします。大豆の粉っぽさと、カカオの粉っぽさが、変に強調し合ってしまったというか。

イチゴは、某メーカーの甘~いいちごミルクを想像していましたが、酸味を強調したイチゴ味で、ちょっとしんどかったです。
フルーツミックスも酸味が強めで、さらに若干薬臭い感じ。たしかビタミンを強化してあると書いてあったので、ビタミンの臭いが出ちゃったかなと思いました。
このため、果物系は敬遠するようになりました。。

無調整の豆乳も飲んでみました。モンドセレクションで賞を取ったと書いてある物です。
確かにすごく美味しいです。大豆の香りが濃厚で、美味しいです。
が、それが液体でどんどん来ると、思わずウップとなって、牛乳のようにゴクゴク飲む感じではなかったのです。
質が上等すぎたのかもしれません。

こんな感じで、味によって好みが分かれながら飲んでいます。人によって、また違った好みがあると思います。

写真右側二本も、このあと飲みました。
抹茶黒蜜は、苦みがやや強かったですが、悪くない。
マロンは、ものすごくモンブランそのもので、驚きました。美味しかったですが、バナナと比べたらハレの日向けな感じがします。…豆乳ごときでハレの日って何でしょうね。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

スノコ新調 [・うちのウサ‐設備]

ヒノキのスノコを見つけたので、桐より堅いよね! と言いながら買ってきました。
安物の桐よりお値段は張りましたが、その分もつに違いないと思っています。

主人が夜なべ仕事を始めました。
まずは、今まで使っていた満身創痍のスノコから、足にしていたペットボトルを外し、素麺のフタを外し、横板も4枚のうち2枚外しました。

といっても、外した横板の半分くらいは、かじり切られて既に無かったのですが…一昨日の記事からご想像下さい。
右下の、ウサが通れるほど穴が開いていた部分です。

新しいスノコを当てて、位置決めをしています。

ウサが気にしています。

土台のスノコ、
端の縦棒が短いのが分かると思います。

私たちが折ったわけではなく、ウサがかじってこうなったのです。すごいすごい。

L字金具で固定していきます。


ウサは飽きて、テーブルの下でチラシをひっちゃぶいてます。


錐で下穴をあけて、もう一カ所。


安定して自立しました。



★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

おねむ [・うちのうさぎ]

リビングボードの方を向いて、うとうとしています。


リビングボードと平行に寝そべることが多いので、ちょっと新鮮な角度です。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

スノコは消耗品? [・うちのウサ‐設備]

7月19日に書いた記事を上げ忘れていたので、投稿します。
下記のスノコは、現在さらに悲惨な状態になっているので、土日に余裕があれば投稿するつもりです。
ではでは
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
居間の、うさぎエリアとその他を仕切るために、安いスノコを立てていますが、まあ消耗品と割り切るしかないほどに、かじります。

ニトリのやつですが。
設置して5ヵ月程度でしょうか。

通り抜けられるほどの穴が開きました。

片側には、素麺の木箱のフタをくっつけて穴を塞いでいますが、これも端から順調に。


ウサギの歯と顎、すごいです。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

羊羹→水羊羹 [・うちの台所(おやつ系)]

頂き物の、とらやの羊羹が、
そのまま食べるにはどうにも重くて、ずっと溜め込んでありました。

本日、
水を加えて溶かし直したら、水羊羹になって食べやすいんじゃないか?
と思い付き、ググってやってみました。

50gの小さい羊羹3本、計150g。


パッケージから出して、溶けやすいように小さく切ります。


水を200ml加えて、弱火に掛けます。

水の量は、羊羹と等量~倍量まで、レシピによって差があったので、適当に中間あたりで。

溶けてきました。焦がさないように気をつけます。


溶けました。
トロリとするまで混ぜながら冷まします。

暑いので氷水。

冷めました。若干トロンとしてきましたが、しかしまだ結構サラサラです。

あんまりサラサラのまま固めに入ると、あんこの成分が沈殿して分離しちゃうらしいのですが、こんなもんで大丈夫だろうか。

まあ、考えすぎずに注ぎ分けてみました。湯飲み四個。

分けてるうちに固まってきて、だんだんトロトロしてきました。
冷蔵庫に入れて冷やし固めます。
ここまでで、羊羹のパッケージを剥き始めてから、大体20分です。

ーーーーーーーーーー
2時間後。

美味しい水羊羹になりました!

分離もしてないし、なめらかだし、良い感じに仕上がりました。
甘さ的には、もう少し薄めるかどうか悩む所です。
次は水250mlで試してみようかな…と思います。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。