So-net無料ブログ作成
・うちの台所(ごはん系) ブログトップ
前の6件 | -

シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル [・うちの台所(ごはん系)]

昨年11月の・シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?の続きです。


★新ブログで見る → シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル|青空庭園


以前と同じくらいの大きさだと思うんですが、また4尾、手に入れてきました。

頭を落とした状態で、尻尾まで含めて17~18cmくらいの、きっと普通の大きさのイワシです。

【さあ煮ましょう】
煮汁の材料を全て鍋に入れます。前回と比べて微調整しています。
・醤油と酒 大さじ2.5ずつ
・砂糖 大さじ1.5
・みりん 大さじ1
・水 500ml
・ショウガ 薄切り3枚(適当)

08:30点火。
煮汁を沸かしながらイワシを水洗いして、沸いたらイワシを入れます。

シャトルシェフでは、保温鍋に入れている間、汁に漬かっていない部分は火が通りません。
なので、ここでイワシが水面から出るようなら、水と調味料をを足しておきます。

再び沸いたら弱火に落として、10分ほど煮ます。

08:50、保温鍋へ入れました。


【時々火を入れます】
夕飯までに、つごう4回、それぞれ5分程度、再沸騰させました。
10:30
12:00
15:00
17:30


食事の支度とオヤツのタイミングで、外鍋から出しては火を入れます。
水分量が、鍋の半分以下と少ないので、火を入れないと早めに冷めていきます。

【さあどうだ!?】
19時すぎ、夕飯のために取り出しました。
味見の時間です。


小骨は、うん、やっぱりあります。
ですが、前回よりも主張が控えめで、噛み砕いてもすごく疲れる感じはしません。

背骨から、小骨ごとホロリと外れます。
それでも一部の小骨は、背骨にくっついて残りますが、前回はもっとしぶとかったと思います。


半身を食べて、尻尾をつまんで背骨をはがそうとしたら、途中でぽろっと折れました。
これも前回はなかったと思います。


全体的に、骨が明らかに柔らかくなった、と感じました。

【結論、シャトルシェフでもイワシの骨は柔らかくなる。ただし時間がかかる】
約11時間煮込んだ形ですが、これでようやく、実用レベルに小骨が柔らかくなった、と思いました。
ちなみにガスの使用時間は、合計35~40分程度で、圧力鍋の時と大差はありませんでした。

「噛み砕かなきゃ」感がなくなるためには、翌日もちまちま火を入れて、正味24時間は煮込む必要がありそうです。
そこまでするかね、という話に、段々なってきます。

もっとたくさん作って、汁の量がたっぷりしていれば、保温の温度がもつので、火を入れる回数を減らすことはできそうです。


以上、
圧力鍋の代わりにシャトルシェフでも、骨ごと(背骨除く)食べられるイワシを作れます!
ということで、何かの参考になれば幸いです。

~~~~~~
関連記事:イワシの骨を柔らかくしようシリーズ

★圧力鍋編
2014年3月15日 イワシ
2014年3月23日 イワシ二回目
2014年4月6日 イワシ三回目(結論)

★シャトルシェフ編
2016年11月3日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか?
2017年2月22日 シャトルシェフでイワシの骨は柔らかくなるか・ファイナル(この記事)
~~~~~~


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

テキトウな丸いフライパンで、いかに綺麗に卵焼きを作るか [・うちの台所(ごはん系)]

というのがマイブームです。

★新ブログで見る → テキトウな丸いフライパンで、いかに綺麗に卵焼きを作るか|青空庭園
★関連記事 → テキトウな丸いフライパンで、いかに綺麗に「バウムクーヘン」を作るか|青空庭園

2週間に一回くらいのペースで、作っては主人の弁当に詰めたり、自分の昼食にしています。


ちなみに、卵焼き用の四角いフライパンを買う気は、今の所ありません。
ブームとは去るものです。


【準備します】
フライパンというか、炒め鍋ですね。
28cmの大きい子です。テフロン加工です。


卵5個、ツナ缶ひとつ、醤油と砂糖とコショウ。


たいてい、卵5個+なにか具、で作っています。
こないだまでは、ひき肉の炒めたやつを混ぜてたんですが、ツナ缶でも美味しい気がして、ちょっと手抜き。

私は生卵が苦手なので、この時点では味見していません。出来上がって味が薄かったら、ケチャップか醤油の出番です。


【焼きます】
ツナ缶の油に、炒め油を少し足しました。

入れすぎたかな。まあよい。

卵液を、お玉に2杯と半分ほど入れます。

火加減は、フライパンのお尻にギリギリ付かない程度の弱火で、のんびり行きます。

ある程度固まってきたら、

端から巻いて、奥へ寄せます。


巻く、というよりは畳むイメージですね。
箸で卵の端っこを起こし、小さいフライ返しで畳む、という感じです。

弱火なので、よっぽど放置しない限り焦げることはなく、良いキツネ色でいてくれます。

卵液を、お玉に2杯追加。

いま巻いたやつの下にも、箸で持ち上げたりフライパンを傾けたりして、卵液を流し込みます。

巻きます、2回目。
ちぎれた端っこなんかが発生したら、固まりきってない部分にひっつけて、巻き込んでしまいます。


卵液を足します。
残りを全部入れました。


ちょっと多かったので、一回畳んで奥へ寄せ、フライパンを手前に倒すと、卵液が広がって、良い厚みになりました。


だいぶ分厚くなったので、フライ返しで押さえつつ。


【完成です】
最初の卵液を流し込んでから、9~10分で焼けました。


ぽっきり折れそうな予感がしたので、フライ返しをもう一本追加して、皿に移しました。


冷めたら切り分けて、冒頭の写真のようになりました。


ここでようやく味見。ほんのり甘辛で、ツナがジューシーで良い感じです。


★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

人参+油揚げで、悩まずに彩り・栄養豊かな常備菜を作る [・うちの台所(ごはん系)]

(2017.1.10編集)

5枚一山の薄揚げを細かい短冊切りにして、一枚分ずつポリ袋に詰めて、冷凍庫に常備しています。
最初はもっぱら味噌汁用でしたが、段々そばつゆに入れたり応用が広がっています。

おつとめ品でもいいじゃないですか、どうせ凍らせるんだもの。

人参は野菜室にあるので、使うときに短冊切りにします。

これらを色々な野菜と組み合わせると、彩り良く、味わいがあり、栄養バランスもある程度取れた常備菜が、深く考えなくても作れて便利です。
弁当の副菜や、夕飯のもう一品に、ちょこちょこ使っています。


【考え方です。】
人参+油揚げに合いそうなものは、何でも使います。

組み合わせる素材の例としては、
・ひじきと大豆
・白菜の刻んだやつ
・切り干し大根
・さやいんげん
・水菜、チンゲンサイなどの菜っぱ
・きのこ
などなど。
何と組み合わせても、割とサマになるので面白いです。

菜っぱなら一束全部、キノコでも一株全部、とか分量は適当です。
味見すれば怖くない!


【作り方です。】
大きい深型フライパンを使って、人参を先に炒め、メイン素材を加えて、最後に油揚げ、という順番で火を通していきます。

火が通ったら、醤油+味醂(または砂糖)+ほんだし少々、で味を付けます。
もしくは、油が回った辺りで味付けと水を加え、炒め煮にします。(ひじきはこの方法)

素材の味が出るので、調味料が同じでも、違った顔にちゃんとなってくれます。

【ごま和えもいけます。】
人参だけを短冊切りにして、適当な素材と蒸して(ルクエのスチーマーでチン)、水気を切ってごま和えにするのも、ラクに彩りが良くなります。
油揚げも入れても良いですが、スチーマーを洗うのメンドクサイので入れない、って事が多いです(こら)

上記の素材の中では、ひじきと切り干し大根以外なら、どれでも美味しく出来そうですね。

この場合のあえ衣は、すりごま3:砂糖1:醤油1、にしています。


【実例です。】
過去記事では、このへんが同じ発想で作ったものです。別窓で開きます。

・冷凍くぐみ(こごみ)で常備菜


・黒豚汁(豚汁の下にヒジキ煮が載っています)



★お知らせ:新ブログ更新中です★
→ 青空庭園

前の6件 | - ・うちの台所(ごはん系) ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。